インプラント

当院のインプラント治療の特徴

当院のインプラント治療の特徴

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定して歯を補う治療のことです。

当院では安全なインプラント治療のために、事前に診査を行い、口内環境を整えてから治療に進みます。また、治療後もより長く使っていただけるように、患者さま一人ひとりに適したメンテナンスプログラムをご提案しています。

インプラントのメリット

噛む力が弱い入れ歯と違い、自分の歯と同じように違和感なく噛めるようになります。歯のない部分だけを治療することができるので、他の歯に負担をかけることもありません。自然な見た目で、入れ歯のように着脱やお手入れに時間がかからないといったメリットもあります。

インプラントのデメリット

インプラントは外科手術となり自由診療のため、費用面での負担が大きくなります。また、治療後にメンテナンスやケアを怠ると、歯周病菌に感染しやすくなったり、インプラントの周囲が炎症を起こしやすくなったりします。さらに放っておくと、インプラントを支えている骨にまで炎症が広がる「インプラント周囲炎」になる危険性があります。

インプラント治療の流れ(2回法)

当院のインプラント治療の流れは、以下の通りです。

  • 1診査・診断

    治療を開始する前に、レントゲン撮影や口腔内模型検査などを慎重に行い、治療計画を立てます。治療は、必ず患者さまに同意をいただいてから行います。

  • 2一次手術

    一次手術では、局所麻酔の後、インプラント体をあごの骨に埋め込んで新しい歯の土台にする手術を行います。手術後は粘膜を縫い合わせ、インプラント体と骨が結合するまで待ちます。

  • 3二次手術

    インプラント体があごの骨と結合したら、アバットメント(土台)を取り付ける手術を行います。

  • 4人工歯の装着

    アバットメント(土台)の上に上部構造(人工歯)を装着したら、インプラントの治療は完了です。

  • 5メンテナンス

    インプラント治療が終わった後も、定期的なメンテナンスを続けましょう。メンテナンスではお口の中の状態だけでなく、レントゲン撮影であごの骨の状態や、むし歯や歯周病の有無などを確認します。また、インプラントのネジの締まり具合や、噛み合わせの点検・調整、クリーニングや歯磨き指導なども行っています。

    インプラント自体はむし歯にはなりません。ただし、メンテナンスが不十分だと「インプラント周囲炎」という歯周病に似た病気になることがあり、進行してしまうと歯ぐきがぐらつき、インプラントが取れてしまうこともあります。
    インプラントを長持ちさせるには、毎日丁寧に歯磨きをして、定期的にメンテナンスを続けることが大切です。

ご予約・お問合せはお気軽に

新横浜にお住いの方で歯のことでお困りでしたらご相談ください。

診療科目
歯科一般・小児歯科、歯周病治療、インプラント治療、審美治療、入れ歯

pagetop