一般歯科・小児歯科

当院のむし歯治療について

当院のむし歯治療について

お子さまはもちろん成人の方でも、痛みのある治療や歯を抜く治療は、心身ともに負担が大きいものです。当院のむし歯治療は、できるだけ痛みの少ない・抜かない治療を心がけています。

治療の際はなるべく麻酔を使い、痛みの少ない治療を行います。麻酔をするときは、手に入るものの中で最も細い針を使い、丁寧に麻酔をすることで痛みを抑えています。

また、使える歯はできるだけ残し、本来の力を引き出せるように促していきます。小児歯科では、将来のむし歯や歯周病を防ぐために、お子さまや親御さまに歯磨き指導を行っています。

いつまでも使い続けられる健康な歯を保つために、私たちがサポートいたします。

できるだけ痛みの少ない・抜かない治療

できるだけ痛みの少ない・抜かない治療

なるべく麻酔を使い、痛みの少ない治療を行います。麻酔をする際は最も細い針を使って丁寧に麻酔をすることで、できるだけ痛みを抑えます。

可能であればできるだけ抜かず、保存的療法をとるようにしています。使える歯はなるべく使いたいもの。いつまでもご自分の歯を使い続けられるようにサポートいたします。

むし歯の進行度と治療

  • C1:初期のむし歯

    C1:初期のむし歯

    エナメル質が溶けて浅い穴ができますが、痛みはありません。麻酔は使用せず、むし歯の部分を取り除き、樹脂を詰めて治療します。

  • C2:象牙質まで進行

    C2:象牙質まで進行

    エナメル質の下の象牙質までむし歯が進行しています。甘いものや冷たいものを食べると歯がしみます。むし歯の部分を取り除き、樹脂やセラミックの詰め物(セラミックの詰め物は自由診療)を入れる治療を行います。象牙質を削ると痛みを感じることがあるため、麻酔を使用します。

  • C3:歯髄まで進行

    C3:歯髄まで進行

    むし歯が歯髄まで大きく進行して、ものを噛むだけで激しい痛みがあります。歯髄を取り、歯の根の部分を治療します(根管治療)。歯髄を抜いた後は、樹脂やセラミック、金属などの被せ物をします。被せ物には、保険のものと自費のものがあります。

  • C4:末期のむし歯

    C4:末期のむし歯

    歯の大部分が欠け、根元のみが残っている状態です。抜歯が必要なケースも多くあります。抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなど、歯を補うものを装着します。

お子さまの歯は予防が大切

お子さまのデリケートな乳歯をむし歯や歯周病などのトラブルから守るためには、毎日の歯磨きで予防することが大切です。

当院では、歯科衛生士が予防に効果的な歯磨きの方法をわかりやすく指導しています。また、自分で上手に歯磨きができない小さなお子さまのために、親御さまへの仕上げ磨き指導も合わせて行っています。

その他には、歯の再石灰化を促す「フッ素塗布」、奥歯の溝にプラスチックを流し入れてむし歯を防ぐ「シーラント」など、お子さまの歯をむし歯から守るための治療も行っています。

乳歯の健康は永久歯にも関係があります。早いうちから歯科医院へ通う習慣をつけ、口内環境を整え、永久歯に悪影響を与えないようにしましょう。また、歯並びやお口の発達に関することなどについても気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せはお気軽に

新横浜にお住いの方で歯のことでお困りでしたらご相談ください。

診療科目
一般歯科・小児歯科、歯周病治療、インプラント治療、審美治療、入れ歯

pagetop