審美治療

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニング

専用の薬剤を使って歯を白くする、歯に優しい治療のことです。黄色くなっている歯を漂白して、歯本来の白さを取り戻すことができます。

オフィスホワイトニング

当院で扱っているホワイトニングの方法で、歯科医院で歯科衛生士が行うホワイトニングのことです。歯の表面に薬剤を塗布し、漂白していきます。即効性があるので、短い時間で歯を白くすることができます。

当院で扱っているクラウン(被せ物)の種類 ※保険適用外

むし歯などの治療で歯を削った後は、「クラウン」と呼ばれる人工の歯を被せます。 当院で扱っているクラウン(保険適用外)は、以下のとおりです。

オールセラミック

オールセラミック
特徴 セラミック(陶器)製のクラウンです。
メリット ● 天然歯のように自然な白さ
● 変色しにくい
● 金属アレルギーの心配がない
デメリット ● 強く噛むと割れる可能性がある

メタルボンド

メタルボンド
特徴 外側がセラミックで、中のフレーム部分が金属でできている
メリット ● 中身が金属製なので耐久性に優れている
● オールセラミックには劣るものの、自然な白さがある
● セラミック部分には汚れが付かない
デメリット ● 裏から金属が見える
● 被せたところの歯ぐきが周囲よりも暗い色に見えることがある
● 金属アレルギーを起こす可能性がある

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
特徴 セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合素材でつくられている
メリット ● 白い歯をつくることができる
デメリット ● 長期間使用すると変色する可能性がある
● 割れてしまうことがあるため、適用できない可能性がある
● 長期間使用すると、噛み合わせの部分が削れてしまう

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン
特徴 貴金属(金合金や白金加金など)でつくられている
メリット ● 金属のため強度がある
● 奥歯にも使える
● むし歯になりにくい
デメリット ● 金属の部分が目立ちやすい
● 金属アレルギーの方には適用できない

当院で扱っているクラウンの種類 ※保険適用

当院で扱っている保険適用のクラウンは以下のとおりです。

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠
特徴 レジン(歯科用プラスチック)でつくられている
メリット ● 自然な白さではセラミックに劣るものの、色が白い
デメリット ● 長期間使用すると、変色する可能性がある
● 割れやすい
● 長期間使用すると、噛み合わせの部分が削れてしまう
● 辺縁がむし歯になりやすい

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠
特徴 見える部分はレジンで、中身は金属でつくられている
メリット ● 自然な白さではセラミックに劣るものの、色が白い
● 中身が金属のため強度がある
デメリット ● 見方によってつくり物っぽく見えてしまう
● 裏から金属が見える
● 長期間使用すると、変色する可能性あり
● 金属アレルギーを起こす可能性がある
● 辺縁がむし歯になりやすい

合金(金銀パラジウム)

合金(金銀パラジウム)
特徴 いわゆる銀歯で、金銀パラジウム製でできている
メリット ● 金属なので強度がある
● どの歯にも使うことができる
デメリット ● 金属部分が目立ってしまう
● 金属アレルギーを起こす可能性あり
● まわりがむし歯になりやすい
白い歯料金表

ご予約・お問合せはお気軽に

新横浜にお住いの方で歯のことでお困りでしたらご相談ください。

診療科目
歯科一般・小児歯科、歯周病治療、インプラント治療、審美治療、入れ歯

pagetop